開業してすぐの営業方法は?

どんなに売れ筋でもまずは営業

売り出しの企画や、販売する商品など様々検討し、多くは成功の目算をたて独立起業にいたる人が多いことでしょう。しかし今の時代は企画や商品がいかに優れていてもそれだけで黙っていても企画のアピールなし、商品の魅力だけでお客さんからの依頼がすぐくることはまず有り得ません。どんな優れた企画、商品の販売であってもそれ相当の営業なしでは自営を始めたばかりの段階では独立起業の成功はないといってもいでしょう。
ここでまずは必要なことは、開業直後は他人から拒絶される覚悟で行うくらい営業の厳しさを経験することです。営業は様々な方法があり、最近の流れでインターネットを利用した方法などでスマートにおこなう方法や、以前の会社関係の人脈などで安易に考えていると実際の営業の費用対効果のギャップでまず大きな壁に当たってしまうでしょう。

営業の基本は訪問販売、飛び込み営業から

営業の方法は、様々な種類がありますが、開業当初において一番確実効果があるのが実は昔ながらの訪問販売や飛び込み営業といわれます。多くの人は営業される側のお客様側の立場で一度は経験はあるのではないでしょうか。場合によっては営業される側からは最も嫌われることの多い営業方法といえます。突然頼んでもない、欲しくもないもの、興味のないものの営業をされた場合、お客様側としては強烈に拒否の態度を取るでしょう。なんといっても大事な時間を奪ってしまうことになるからです。
しかしそんな中でこれら訪問販売や飛び込み営業の効果は意外と大きなものとなっているのです。これは少しでも興味があり、必要ではないかと考えていたいたものであれば、その営業媒体の実態の印象をお客様側に植え付ける効果が一番大きいからです。