これで安心!開業資金の調達の仕方

開業資金の資産が第一歩!

自営業で会社をしようと考えているのであれば、多くの人が直面するのがお金の問題です。小規模の経営であれば、少ない予算でも開業することは可能ですが、それでもある程度の費用は必要になります。そのため開業を考えているのであれば、どのくらいのお金が必要になるのか、具体的に算出してみるのが最初の一歩です。
開業を目指す場合、ただ費用を算出するだけではなく、削れる費用は削ることも忘れてはいけません。物件購入から始めたいと考えている場合でも、飲食店の場合は調理場などの設備投資にも費用が必要になります。設備投資にかかる費用を節約するために、居抜き物件を活用するのも選択肢の一つです。限られた予算で開業を目指す場合には、節約できるところを節約していくことも大切です。

どこからお金を借りるか?

開業資金のためにお金が必要な場合、いきなり金融機関に行くのではなく、まずは身内で借りることができる人がいないか探してみるのも一つの手です。一緒に事業を行う家族や友人がいるならば、共同で費用を出資することもできます。また親しい知人に事業内容を説明して、お金を貸してもらえるか交渉してみる方法もあります。知人にお金を借りる場合には、相手が安心してお金を貸せるように、確実に返済する旨を書面にしておくことも大切です。
また金融機関から融資を受けるのも選択肢の一つです。金融機関の場合には、審査基準が厳しいので、しっかりとした事業計画書の作成が大切です。その他にも消費者金融からお金を借りる方法もありますが、消費者金融は利子が高くなるので注意が必要です。