開業に必要な道具や物を賢く手に入れる方法あります!

初期費用を安くするには

自営業を始める場合には、できるだけ初期の負担を少なくすることが、失敗しないためのコツになります。つまり、最初にかかる看板代や設備代、テナント代などをいかに安くするかがポイントになるのです。この中で割と簡単に安くすることができるのがテナント代です。テナント代は、場所や建物の新旧でずいぶんと異なるからです。たとえば、駅前の一等地でお店を開くのと、駅から遠く、あまり人通りがないような場所でお店を開くのでは大きな違いがあります。できれば安い方を選びたいところですが、安いところは商売を始めてからあまりお客さんが来ないという致命的なことがあり得ますので注意が必要です。
以上のように、テナント代を安くするのは限界があることがわかりますが、実は、それ以外で初期費用を減らすことは可能になります。それが居抜きです。

居抜きのメリットとは

居抜きとは、前に同業者が商売をしていたテナントに設備などがそのまま置かれておりそれをそのまま使うことです。たとえば、ラーメン屋を開きたいとする場合には、ラーメン屋に必要な調理場やカウンター、冷蔵庫に冷凍庫などの設備は必須になりますが、前にラーメン屋をやっていてすでに廃業している店舗が設備をそのままにしてある場合があり、それを安く買い取ることができるのです。
この場合、借りる側にメリットがあることは当然ですが、前の借り主にもメリットがあります。つまり、前の借り主としては、本来であれば設備等を処分して壁紙などをはがしてスケルトン状態で退去しなければなりませんが、次のテナントの借り主が見つかっている場合などはわざわざ撤去にお金を掛ける必要はないためです。